個人的にいるようで、いらない機能だとおもっているのが、「投稿者名の表示」です。

投稿者名の表示方法によっては、セキュリティー的にあまり良くないです。
また、複数の人でブログを運営しているのであれば、必要な機能だと思いますが、ブロガーの多くは個人(1人)で運営している場合が多いと思うので、そもそも投稿者名を表示させる必要性があまり感じられないです。

今回は、WordPressのデフォルトテーマであるTwenty Nineteenの投稿者表示を削除するカスタマイズをご紹介します!

コピペと簡単な作業でできるので、難しくないですよ~

スポンサーリンク

子テーマを使ってください。

今回の記事はエラーが表示されやすいfunction.phpのカスタマイズも含まれるとともに、子テーマでのカスタマイズ前提としているので、必ず子テーマを使用してください。

Twenty Nineteenの子テーマについてはコチラ

子テーマって何ですかという方はこちらの記事をご参考ください。

実際に投稿者名の表示箇所を確認

投稿者名を削除する前にまず、投稿者名が表示されている箇所を確認しましょう!

①投稿記事ページのタイトル下

まずタイトルの下にこのように表示されています。

コチラは【template-parts/content/content.php】のファイルを編集していきます。
編集方法については後ほど解説します。

②投稿記事本文下・トップページの新着一覧

投稿記事の本文下にも投稿日などとともに表示されています。

また同様にトップページの記事一覧でも表示されています。
(Twenty Nineteenのトップページの新着一覧はあまりそれらしくないですが・・・)

こちらの投稿者名を削除するには、function.phpのファイルを編集します。

実際にカスタマイズ!

それでは実際に投稿者名の表示を消していきます。
まずは記事ページのタイトル下の投稿者名を消していきましょう。

①記事ページタイトル下

コードをいじる前に多少の準備が必要になります。
まずは、子テーマに必要なファイルをFTPソフト等を使用しダウンロード・アップロードしましょう。

今回のカスタマイズで必要なファイルが、親テーマであるtwentynineteenに格納されている、以下のフォルダおよびファイルが必要です。
【template-parts/content/content.php】
ちなみにtemplate-partsとcontentはフォルダで、content.phpはファイルです。

コチラのフォルダとファイルを親テーマのtwentynineteenからダウンロードし、そのまま子テーマにアップロードします。

もしわからなければ、【template-parts】のフォルダを丸ごとダウンロードし、子テーマにアップロードしてください。
(できれば無駄なファイルを含めたくないので、不要なファイルは後から消す等してください。残していてもこの記事を書いている現在、不具合はありません。)

コード編集

 それでは(template-parts/header/entry-header.php)にある【entry-header.php】を編集していきます。

のファイル内上部はこのようになっています。

<?php
/**
 * Displays the post header
 *
 * @package WordPress
 * @subpackage Twenty_Nineteen
 * @since 1.0.0
 */

$discussion = ! is_page() &amp;&amp; twentynineteen_can_show_post_thumbnail() ? twentynineteen_get_discussion_data() : null; ?>

<?php the_title( '<h1 class="entry-title">', '</h1>' ); ?>

<?php if ( ! is_page() ) : ?>
<div class="entry-meta">
	<?php twentynineteen_posted_by(); ?>
	<?php twentynineteen_posted_on(); ?>
	<span class="comment-count">
		<?php
		if ( ! empty( $discussion ) ) {
			twentynineteen_discussion_avatars_list( $discussion->authors );
		}
		?>
		<?php twentynineteen_comment_count(); ?>
	</span>

こちらの16行目にある下記の1行を削除します。

<?php twentynineteen_posted_by(); ?>

削除をし、無事に編集できたら、投稿記事タイトル下の投稿者名がこのように削除されます。

②投稿記事本文下・トップページの投稿者名

お次は投稿記事本文下とトップページに表示される投稿者名を削除していきます。

こちらは特に準備は必要ないのです。
あえて準備をするのであれば、エラーになりやすいfunctions.phpにコードを追記するので、念のためバックアップを取っておきましょう。

子テーマ上のfunctions.phpに直接コードを追記します。
コピペでOKです!

コード編集

投稿記事本文下とトップページに表示される投稿者名を消すために、子テーマのfunctions.phpに以下のコードを追記します。

   //投稿者削除
function twentynineteen_entry_footer() {
 // Hide author, post date, category and tag text for pages.
    if ( 'post' === get_post_type() ) {

        // Posted on
        twentynineteen_posted_on();

        /* translators: used between list items, there is a space after the comma. */
        $categories_list = get_the_category_list( __( ', ', 'twentynineteen' ) );
        if ( $categories_list ) {
            /* translators: 1: SVG icon. 2: posted in label, only visible to screen readers. 3: list of categories. */
            printf(
                '<span class="cat-links">%1$s<span class="screen-reader-text">%2$s</span>%3$s</span>',
                twentynineteen_get_icon_svg( 'archive', 16 ),
                __( 'Posted in', 'twentynineteen' ),
                $categories_list
            ); // WPCS: XSS OK.
        }

        /* translators: used between list items, there is a space after the comma. */
        $tags_list = get_the_tag_list( '', __( ', ', 'twentynineteen' ) );
        if ( $tags_list ) {
            /* translators: 1: SVG icon. 2: posted in label, only visible to screen readers. 3: list of tags. */
            printf(
                '<span class="tags-links">%1$s<span class="screen-reader-text">%2$s </span>%3$s</span>',
                twentynineteen_get_icon_svg( 'tag', 16 ),
                __( 'Tags:', 'twentynineteen' ),
                $tags_list
            ); // WPCS: XSS OK.
        }
    }

    // Comment count.
    if ( ! is_singular() ) {
        twentynineteen_comment_count();
    }

    // Edit post link.
    edit_post_link(
        sprintf(
            wp_kses(
                /* translators: %s: Name of current post. Only visible to screen readers. */
                __( 'Edit <span class="screen-reader-text">%s</span>', 'twentynineteen' ),
                array(
                    'span' => array(
                        'class' => array(),
                    ),
                )
            ),
            get_the_title()
        ),
        '<span class="edit-link">' . twentynineteen_get_icon_svg( 'edit', 16 ),
        '</span>'
    );
}

無事にコードを追記出来たら、ちゃんと投稿者名が消えているか確認しましょう!

こんな感じで表示されていなければカスタマイズ成功です!

まとめ

PHPの編集があまり慣れていないので、コードを探すのに結構手間がかかりました…

とりあえず無事にカスタマイズすることができてよかったです。

投稿者名は一人でブログを運営しているのであれば、そこまで重要な情報でもないので、投稿者名は削除して、どうしてもというのであれば、プロフィール欄を作るのもいいかもしれないですね~

シェアお願いします~
Tweet about this on Twitter
Twitter
Share on Facebook
Facebook
Pin on Pinterest
Pinterest

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です